アトピーで脱保湿すると悪化するというより下手すると死ぬ。効果なくはないけど危険だし覚悟いる。

   

アトピー対策行き詰まると必ず脱ステ・脱保湿を考えるよね。

脱ステ・脱保湿の考え方は個人はもちろん医師の間でもハッキリ分かれる。

どっちもエビデンスあるし素人ではアトピーの肌は保湿するのが良いのか、脱保湿がいいのかまったく判断つかない。(医者でも判断ついてないけどね)

どっちが良いかは人による。あとはどうありたいかの考え方によっても違ってくる。

僕も脱ステ・脱保湿何回も試したけど、全然続かなかった。というか日常生活送れなくなるんで無理でした。

別に脱ステ・脱保湿否定派ではないけど、僕はステも保湿も容認派。

脱ステについては前書いたから今回は脱保湿中心の話。

 

スポンサーリンク

 

 アトピーは脱保湿で悪化するのか効果あるのか

アトピーの人は肌のバリア機能が低下しているから、保湿剤を使ってバリア機能を補ってあげるのが良い。

いやいや過度な保湿で保湿依存になってるんだって、保湿剤に頼るから肌本来が持っている皮脂を作る力が衰えて、保湿力低下に繋がっているんだって。

どっちなんすかね?

 

保湿剤を塗ることで肌のバリア機能が上がった、肌の再生力が向上した、乾燥による皮膚の痒みが低下した、アトピーに有効

みたいな保湿賛成派のデータも

脱保湿によって表皮の産生するステロイド(コルチゾール)の生産性が増えた、保湿がアトピーの自然治癒を遅らせ難治化させている、長期間の保湿剤の使用は、肌の代謝を変化させ、保湿依存状態になる

といった保湿否定派のデータも両方出てくる

 

どういうこと?いや、もうそのまんまどっちも正しいんです。

保湿して肌の状態が良くなる人、アトピーが良くなる人もいるし、悪化する人もいる。

両方のデータが取れてるし、単純に良いか悪いかで分けることができない問題なんです。

世の中なんでも白黒はっきり分けることができない問題ってあるじゃん?保湿もそれ。

 

サラダは体に良いからいっぱい食べるのが健康的だよ!酵素や栄養素が壊れない生のサラダがおすすめ!

いや、生野菜は体を冷やすからたくさん食べるのはあまり良くない。

 

どっちも間違ってないよね?

こんな感じかな保湿剤の良し悪しも。

 

ただ、それだとあまりにも適当な説明なんでもう少し付け加えます。

一応、保湿した方が良い人と、脱保湿が効果あるだろうという人とざっくり分けることができます。

それはステロイドを使ってるか、いないかです。

健常者でも一部は、皮膚の保湿力すなわち表皮バリア機能が弱く、保湿剤を使ったほうが快適だ、手放せない、という人はいます。このような人は、保湿剤を用いればよろしい。なぜなら、ステロイドを塗っていない成人の皮膚は、それ以上成熟したり回復したりということを考える必要がないから。

 まとめますと、

1)健常者でも、表皮バリア機能が弱いひとはいる。そういうひとは保湿剤を用いればよい。

2)アトピー性皮膚炎でステロイド外用していると、表皮バリアが破壊される。これを補うために保湿剤はたぶん有用。(ステロイド使用中の患者は保湿剤を用いたほうがよい)

3)ステロイド外用剤からの離脱時に、表皮バリア機能の回復を早めるためには、脱保湿は、今回紹介した論文に照らすと、理にかなっていると言える。しかし、バリア機能が破壊された状態で保湿剤を絶つのは辛いので、本人の選択次第。ステロイド離脱→保湿剤離脱と二段階に分けても良いと思う。少々は長引くかもしれないけど。

4)ステロイド外用剤離脱後何年も経って、アトピーの状態がよくないひとが、脱保湿をしてもあまり効果は無いのではないかと思う。なぜなら、ステロイド外用剤の副作用としてのバリア破壊からは、既に回復しているであろうから。その場合は、1)と同じで、生来バリア機能が弱いタイプだと考えて、保湿ケアをしたほうが得策。

 といった感じじゃないかと思います。

http://steroid-withdrawal.weebly.com/3307320445282871239827491244032461512434259032534512377124273554225991.html より引用

 

いつも通り深谷元継先生のブログからの引用。

ぶっちゃけどっちがいいかは決めかねるって感じだけど、とりあえずこんな感じか↓

 

  • ステロイドを使ってない人…保湿した方が良い
  • ステロイドを使っているけど脱ステする意志がない人…保湿した方が良い
  • 脱ステしたい人、脱ステして日が浅い人…脱保湿も有効
  • 脱ステしてけっこう長い期間がある人…保湿した方が良い

 

だから脱ステでアトピー悪化するの?効果あるの?っていう問いには、結局のところ症状やその人の過去や現在含めたステロイド歴によっても変わってくる。

もっといえば保湿剤などの外用剤以外での保湿対策や、体質・生活習慣の改善に取り組んでいるかどうかも影響する。

曖昧だけどこれぐらいしか答えが出せない。

 

脱保湿によってアトピーが治る、効果がある可能性ある人とその根拠

あくまで可能性の話です。

脱保湿推進しているわけではないし、以下に書く条件に当てはまる人は脱保湿することでアトピーが治るって事でもないよ。

ただ脱保湿している人はいっぱいいるし、それで成人アトピーが治った人もいるのは事実。

脱保湿がアトピーに有効という研究結果だってあるわけだからそれの紹介。

 

ステロイドの使用期間が長く、なかなかアトピーが治らない人は、皮膚がステロイドなしでは正常な機能を維持できなくなっている。

これを脱ステで有名な佐藤健二先生は難治化アトピー性皮膚炎と定義している。

難治化アトピー性皮膚炎は、保湿剤にも依存しているため、脱ステと同時に保湿もしないようにすることが有効だって主張してます。

難治化アトピー性皮膚炎に対する脱ステロイド・脱保湿療法とは、ステロイド剤(プロトピックやネオーラルなどの免疫抑制剤使用者にあっては免疫抑制剤も)や保湿を中止することにより、ステロイド依存性皮膚症、免疫抑制依存症、保湿依存症を軽減・消滅させ、アトピー性皮膚炎が自然治癒に向かえるようにする治療法である。

佐藤健二著:患者に学んだ成人型アトピー治療 より引用

 

ステロイド依存と保湿依存は併発しているし、そういう人は脱保湿が有効ですよってことらしい。

成人型アトピーでも保湿依存が危惧されるそうな。

ステロイド使用経験のない人は保湿が重要な治療手段となるが、ステロイド使用者では皮膚の保湿に慎重である必要がある。

幼少期に湿疹があってステロイド外用治療をしていない人は少ないので、特に注意が必要である。

幼少期を過ぎた後にはステロイド概要がなくても、成人期に保湿を行うと保湿依存が再発し、難治化アトピー性皮膚炎に進展する危険性があるからである。

佐藤健二著:患者に学んだ成人型アトピー治療 より引用

 

それと、もう本当に超重症で、皮膚がなくなるぐらいの炎症状態だと、保湿剤も刺激にしかならないと思うので、そういった人は保湿剤は選択肢には入らないでしょうね。

そこまで重症じゃなくても炎症が強い場合は、保湿剤が刺激になったりもするので、ステロイドだけが良い場合もあるからそういう時も保湿剤を使わない方が良かったりする場合もある。

曖昧な言い方だけど言い切れることではないからさ。

 

脱保湿のエビデンスは深谷先生のブログで論文の掲載があった。

ただし、脱ステロイドと同時に脱軟膏もしてしまうという手法は、ただでさえ大変な離脱をより辛くするという欠点もあり、そのため、佐藤先生のところで脱ステをあきらめて、ステロイド再使用したひとが、私のところで再離脱こころみて成功する、というケースも結構ありました。何事にも長所と短所はあります。 

  さて、その「脱軟膏・脱保湿」ですが、臨床経験に基づく知恵ではあるのですが、根拠となりうる医学論文の類がなかなかありません。今回見つけた論文は、直接アトピー性皮膚炎に関するものではありませんが、「脱保湿」に、若干の科学的根拠を与えるものではないかと思ったので紹介します。

Ambient humidity influences the rate of skin barrier maturation in extremely preterm infants
J Ågren, The Journal of Pediatrics,Volume 148, Issue 5 , Pages 613-617, May 2006

Abstract
OBJECTIVES: To test the hypothesis that the level of relative humidity (RH) in which preterm infants are nursed might influence their postnatal skin maturation.
目的:「早産児の生後の皮膚成熟が、保育環境の相対湿度(RH)に影響される」という仮説を検証する。

STUDY DESIGN: In 22 preterm infants (GA 23-27 weeks), transepidermal water loss (TEWL) was determined at postnatal ages (PNA) of 0, 3, 7, 14, and 28 days. At a PNA of 7 days, the infants were randomized to care at either 50% or 75% RH.
研究方法:22人の早産児(在胎23-27週)においてTEWL(経皮的水分喪失量)を、生後0、3、7、14、28日に測定した。生後7日目に、児は相対湿度50%と75%の保育器にランダムに割り当てられ、以降その環境で育てられた。

RESULTS: TEWL decreased at a slower rate in infants nursed at the higher RH. At a PNA of 28 days, TEWL was about twice as high in infants nursed at 75% RH (22±2 g/m2 h) than in those nursed at 50% RH (13±1 g/m2 h; P < .001)
結果:生後28日目のTEWLは、より高い相対湿度(すなわち75%)の児のほうが、低下傾向が少なかった。すなわち、75%環境下では22±2 g/m2 hであったのに対して、50%環境下では13±1 g/m2 hであった(P < .001で有意)。

CONCLUSIONS: The results indicate that the level of RH influences skin barrier development, with more rapid barrier formation in infants nursed at a lower RH. The findings have an impact on strategies for promoting skin barrier integrity in extremely preterm infants.
結論:この結果は、保育環境の相対湿度が皮膚バリアの発達に影響すること、より低い相対湿度環境のほうが表皮バリア形成を促進するということを示している。この知見は超早産児の完全な皮膚バリア形成を促進するための戦略に影響を与えるだろう。

http://steroid-withdrawal.weebly.com/3307320445282871239827491244032461512434259032534512377124273554225991.html より引用

 

よくわからんが皮膚の湿度が低い方がバリア機能の形成を促進するから脱保湿有効ですよってことらしい。

 

その他に肌は乾燥状態の方が表皮のコルチゾール合成が増加するっていう論文もあったのでリンク貼っときます。

英語だけどグーグル翻訳とかでだいたいの内容はつかめます。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24079737

表皮のコルチゾールが増えれば正常な皮膚を作れるようになって、バリア機能も上がるし、炎症にも対処できるようになるから、アトピーもよくなる、だから脱保湿が有効って言える一つの要因てことね。

 

まとめると、脱保湿して効果がある可能性の人は以下

  • ステロイドの使用歴が長い難治化アトピーの人
  • ステロイドの使用経験があれば保湿依存になる可能性があるのでステロイド使用経験がある人
  • 脱ステしようとしている人
  • 脱ステ中の期間が短い人
  • 超重症のアトピーでそもそも保湿剤が役に立たない人
  • そこまで重症ではないが炎症が強くて保湿剤を使わない方が良い場合

一応エビデンスもあるし、実際脱保湿でアトピー克服できた人もいるから、脱保湿はまったく根拠のないデタラメなものではないってことです。

 ただ、リスクはアリアリだし、もうほんとに過酷だからこれで「エビデンスあるし脱保湿が良いんだ!」って簡単に言えるようなもんでもないです。 

滅茶苦茶過酷ですよ。

 

そもそも脱保湿・脱ステはアトピーを治すものではない

上で説明した人は脱保湿で可能性がある人ですが、そもそも脱保湿・脱ステしたからと言ってアトピーが治るものではないです。

脱ステロイド・脱保湿療法はステロイド外用による副作用を治療するが、アトピー性皮膚炎を直接に治療するものではないことに留意すべきである。

佐藤健二著:患者に学んだ成人型アトピー治療 より引用

 

ステロイドには依存性があって、ステロイドなしでは皮膚が正常に機能しない状態になることをステロイド依存性皮膚症っていう。

ステロイドの使用期間が長いとどうしてもこのステロイド依存性皮膚症になってしまう。

アトピーの期間が長く、ステの使用期間が長くなるとこのステロイド依存性皮膚症も合併しているので、アトピーもなかなか治らず、「難治化アトピー性皮膚炎」てことになるわけね。

さらに高確率で保湿依存も伴っているから、ステロイド依存性皮膚症・保湿依存から抜け出すために脱ステ・脱保湿しましょうっていうのが理屈。

 

で、この保湿とステの依存状態にある難治化アトピー性皮膚炎の人が脱ステ・脱保湿して依存から抜け出せたとする。

するとどうなるかというと、本来のアトピー性皮膚炎に戻るってこと。

 脱保湿でアトピーが治ると勘違いしがちだけど、依存症が改善されるだけで、アトピーの原因が改善されてないとアトピーまでは治らない。 

 

難治化アトピー性皮膚炎(本来のアトピー+ステロイド依存症皮膚症+保湿依存)

ここから上の式の()内のステロイド依存症皮膚症+保湿依存がなくなって残るのは本来のアトピー性皮膚炎。

 

難治性じゃなくなるから、ここからのアトピー対策はスムーズかもしれないし、アトピーだと思っていたものがステと保湿依存の肌でしたって場合はこれで正常な肌に戻れるだろう。

だけど、脱ステ・脱保湿は直接アトピーを治すものではないってことを知っておこう。

 

それと単純にステロイド、保湿をやめるだけでは脱ステ・脱保湿療法は完璧とは言えない。

脱ステロイド・脱保湿療法を成功させるためには、ただ単にステロイドや保湿を止めるだけでは不十分で、本書で述べること全体を実施する必要がある。これらを行わなければこの療法の成功が難しくなるか、治るのに長時間が必要となる。

佐藤健二著:患者に学んだ成人型アトピー治療 より引用

 

本書で述べること、脱ステ・脱保湿に必要なことってなに?

ざっくりいうと規則正しい生活や食事などの生活習慣の改善です。

脱ステだろうが脱保湿だろうが結局はそこにいきつくわけよ。

あと脱ステ・脱保湿してると皮膚が一時的にガッサガサになって割れまくって浸出液がドバドバでるから水分制限も必要とかね。

 

だから結局生活習慣の改善がアトピー治療の大きなテーマなんです。

脱ステも脱保湿もステロイド・保湿依存の改善に必要だったとしてもアトピーを治したいなら生活習慣の改善がないとダメなんです。

ここを肝に銘じないと、闇雲に保湿しないステ使わないってだけだと、アトピーの症状は出続けるからマジで悲惨なことになります。

 

脱保湿は一時的に肌の状態超悪化するし、リスクが高い

脱保湿はノーリスクではない。

というかリスクが半端ないし、下手したら今まで以上にアトピーが激化して元に戻るまでに超苦労する危険もある。

アトピーの肌ってバリア機能が低下しているから、それを補うための保湿剤じゃん?

脱保湿すると今まで保湿剤によって守られたきた防御力ほぼゼロの肌がそのまんまさらされるわけで、当然アレルゲンの侵入許しまくりになるわけでアトピー超悪化します。

それにただでさえ水分量少ないカサカサの肌になんの水分も補給されなくて乾燥一直線、脂質も自前で作れないから水分の蒸発も防げない。

滅茶苦茶乾燥して炎症は進んで痒み大爆発肌の掻き壊しMAX皮膚割れまくり血だらけ浸出液だらけ絶望コースは避けれません。

 

保湿剤に頼ると肌が自力で潤い成分を作ることをさぼっちゃうから保湿剤を使わないことが本当の潤いを手に入れるポイント!

肌は甘やかしちゃダメ!美容のためには保湿しない肌断食が効果的!

とかね、アトピーなめんな、下手したら死ぬ。

 

そもそも保湿剤使ってるからとか関係なくアトピーの人は先天的にフィラグリン遺伝子の異常から肌弱い人がほとんど。

もとから乾燥肌なんで、保湿剤使って潤い保つことは普通に良いこと。

 乾燥肌の体質は遺伝子で決まっているから、脱保湿して保湿依存が治っても乾燥肌体質は乾燥肌体質のままだよ。 

だからみんなセラミドなりなんなり摂取してそれに抗ってるわけで。

脱保湿は根本的な解決にならないんじゃないかなーっていうのが僕の考え。

 

まぁその保湿依存を断ち切れば本来の肌の状態に戻れるってのはメリットだとはたしかに思うけど、問題はいつ保湿依存が寛解するかはわからないところ。これは脱ステも同じことがいえる。

5年間脱ステ・脱保湿してもまだアトイーが治らない人、肌の状態が良くならない人なんていっぱいいる。

別に否定はしないけど、普通に無茶苦茶きついと思う。

 

僕も脱ステ・脱保湿は何回も試したけど、気合いでなんとかできるレベルじゃない。

普通に顔ぼこぼこになって全身血だらけで気が気がじゃない、当然仕事なんか行ける状態じゃなくなるんで断念した。ていうか続けてると精神おかしくなる。

こんな状態が3ヶ月とか何の進展もなしに続くし、それがいつまでなのか誰にもわからないゴールのない戦いに挑むわけだから精神持たないよ。

1週間脱ステ・脱保湿すれば100%良くなるとかだったらまだ有給使えばなんとかなるし耐えられるけど、いったい何年かかるのか、もしかしたらよくなることなんかないかもしれない一種の賭けともいえるこの方法を続けることは僕には無理でした。

 

しかも脱ステや脱保湿してアトピーがめちゃくちゃ悪化して、それまで以上に重症化して取り返しつかなくなることだってあるわけで。

かなり過酷な方法なので脱保湿は相当な覚悟がいる。

 

だから僕は脱保湿は人に安易には勧めない。

保湿依存だろうがアトピーの原因なくなれば自然と痒み減るから無理なくステも保湿も減らしていけるだろうし、なにより僕は生活の質=QOLが大事だし。

そもそも保湿はアトピーにとって必要だと思っているしガンガン保湿したよ。

というか保湿はやればやるほどいいっていう考え方もある。

湿潤療法とか有効ってエビデンスもあるじゃん。

 

とにかく保湿して良い肌の状態をキープ(バリア機能の維持)することでアトピーの悪化を防ぐ、細胞の成長を促進させるっていう考え方。

となると保湿剤の量も重要になるわけで、高くて成分の良い保湿剤だと量が少ないからけっこうしんどい。

全身使える安くて品質の良い保湿剤で今のところ最強だと思っているのはメディプラスゲル。

送料無料で初回2996円。

なんともハンパな値段だけど、180g入ってこの値段はクソ安い

安い商品ってセラミドとか全然入ってないんだけどメディプラスゲルはセラミドもばっちり入っている。

そもそも商品のコンセプトがとにかく十分な保湿ができるようにっていうので、保湿の回数を重視しているので大容量にこだわっている。

しかも成分の良さもこの価格帯では十分なほど。

 

もちろんもっと高い保湿剤と比べれば劣るけど、できるだけ低価格で納得いく保湿ができるようにってなるとメディプラスゲルが一番かな今のところ。

なんか公式ページいくと30代の肌トラブルとか単純に美容のために作られたっぽい感じだけど、これアトピー向けに作られた保湿剤なんです。

だからアトピーの肌にも刺激にならないようにできるだけ安全に作られている。

 

化粧水とか保湿剤って肌に水分や潤いを与えても蒸発してすぐ乾燥してしまう。だから乳液とかで蓋をする、みたいなことよく聞くじゃん。

メディプラスゲルは蓋の役割もしてくれるから、肌の水分蒸発が少なく乾燥しにくい。

 

 アトピーだと肌の水分蒸発が普通の人より高いから、保湿したあと水分の蒸発防ぐのに乳液やワセリンなんかをさらに塗ったりする工夫が必要だけど、メディプラスゲルならそれしなくても良いからクソ楽。 

しかも何度も塗る、違う種類のものを塗るってそれだけで肌に負担だから、何回も塗らなくて済むメディプラスゲルの方が肌の負担も軽い。

そういう意味でもアトピーの人の保湿剤はオールインワンの保湿剤の方がいいんじゃないかな。

メディプラスゲル公式サイトはこちら

 

今も保湿してるし、脱ステ脱保湿療法でも生活習慣の改善しないと失敗するよって佐藤健二先生もいってるからそっち優先してる。

メディプラスゲルについてはこっちの記事で詳しく書いてるので気になる人はこっちもどうぞ。

メディプラスゲルはアトピーにオススメのコスパ最強保湿剤!口コミで話題のオールインワンジェルの効果とは?

 

どんな治療法を選ぶかは自分がどうありたいか

そんなもんアトピーがよくなればなんだっていいってのが本音だけど、脱保湿・脱ステが最後の希望だ!って人はこれに賭けるのも別に止めはしない。

 

今まで散々やってきたけどどれも効果なかった。

有名な病院や珍しい治療法の先生のところもまわったけどダメだった。

何年かかってもいい、覚悟はできてる。

 

ここまで覚悟できてるなら別に良いと思うけどね。

実際治療法は自分がどうありたいかを基準に選んでいいわけだし。

ただし自己流の脱ステほど危険なものはないので、脱ステ医のいる病院に通う、入院するなどはしっかりやったほうがいい。

あと入院必要な場合多いし仕事とか行けなくなる可能性超高いからお金も溜めておくとか。

 

脱ステ・脱保湿を全否定するつもりはないけど、かなりきついので滅茶苦茶重症のアトピーの人以外は安易にやるのはどうかなーって感じですが、結局は自分次第なので、自分がどうなりたいか、どうありたいかよく考えて決めればいいと思います。

 - 保湿剤, 脱ステロイド