腸内環境が悪い原因とアトピーの関係を食生活から見る

      2016/12/05

サラダ

腸内環境と腸内細菌の働きについての記事はこちらです。

アトピーは腸内環境の改善で症状がよくなる!

今後は腸内環境を整える具体的な方法について書いていきたいと思います。

その前になぜ腸内環境が悪化するのかを書いていきます。

 

腸内環境が悪くなる原因

腸内細菌の数が減り、腸内細菌叢(腸内フローラ)が貧弱になり、悪玉菌優勢の状態が腸内環境の悪い腸です。

腸内環境が悪くなる原因は一つではないですが、主な原因は食生活の乱れです。

朝はパンとコーヒー、昼はコンビニ、夜は外食で高カロリーの食事。ラーメンやお菓子、お酒も大好き。こんな食生活だとそりゃあ腸も荒れます。

アトピーで悩む人は食生活も気を使っている人が多いはずだから、ここまでひどい食生活ではないと思うけど、一度自分の食生活を見直してみるといいと思います。

腸の新陳代謝は体の中でとても早く、健康な人の体ではわずか一日で細胞が作りかえられます。でもアトピーの人は全身の炎症を修復するため、腸の修復が追いつかなくなっている場合が多いです。

じゃあどうするか、簡単に言うと、食べ過ぎに気をつけて、体に悪いものを極力減らし、体にいいものを意識して取ることです!

 

食事量を見直す

生命活動の中で一番エネルギーが使われるのは実は、食べ物の消化、吸収作業です。腸が疲労する一番の原因は食べ物の消化、吸収なんです。

そんな大変な作業にもかかわらず、現代人は毎日3食おなかいっぱい食べるわ、間食もするわで腸を含む内臓は休む間もなく働きっぱなしです。

それと食事の合間にお菓子をパクパクつまんで間食したり、晩御飯を食べた後もだらだら食べ続けるのも腸をずっと働かせている習慣なんで、だらだら食べはやめましょう。

僕が前そうでした。ご飯を食べた後なのになんだかまだおなかが空いている感じがしてずーっとだらだら食べてたんですよね。

でも、これをやめたらだいぶ体がすっきりしましたよ!

食べ物の消化吸収は腸だけじゃなく、肝臓や腎臓も働きづけることになるので、食べ過ぎはもう腸疲労というより内臓疲労の原因です。

せっかく栄養のあるものを摂取しても、食べ過ぎにより疲れた腸は栄養をちゃんと消化吸収できません。

その未消化のタンパク質が、傷ついた腸から血液中に流れ出し、アトピーを引き起こしている場合もあります。

食べ過ぎは腸内環境悪化の原因であり、病気の原因です。

 

食事の時間が不規則

毎日決まった時間に食事をとるのは難しいですけどね。みんな仕事とか忙しいですし。

でもできるなら食事の時間帯は毎日同じぐらいに合わせると、腸や内臓もそれに合わせてくれるので、消化吸収力が高まります。

寝る直前にドカッと食べるのも腸や体にはあんまりよくないです。

 

よく噛まずに食事を短時間で済ませている

これも良くない習慣ですね。

よく噛んで食べることで、唾液が分泌されます。唾液には消化酵素がふくまれており、消化吸収を助けるので内臓の負担をだいぶ減らせます。

また唾液に含まれる消化酵素には解毒効果もあり、添加物など体にとって有害なものを減らしてくれます。

よく噛まずに食べると、唾液と食べ物が良く混ざらないので、腸にも負担をかけやすいのです。

 

食物繊維不足

これも超重要です!腸内細菌の数が少なく、腸内フローラが荒れている人ほど食物繊維不足の場合がほとんどです!

食物繊維は腸内細菌のエサになります。また、腸は食物繊維を消化することはできませんが、腸内細菌はこれを発酵させて、短鎖脂肪酸などの健康維持、増進に重要な成分を作り出しています。

食物繊維は炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンの5大栄養素に次ぐ第6の栄養素とも呼ばれています。それだけ大事な栄養素なのです。

ちょっとこの辺の話は長くなるので、別記事で書きますね。

 

水分の取り方

体はほとんどが水分で構成されています。

特に脳は80%が水分で構成されています。

だから人間は水分不足にとても弱い性質を持っています。

じゃあ水をひたすらがぶがぶ飲めばいいのかというとそうではありません。

体は一度に処理、吸収できる水の量は決まっています。それを超えて水分をたくさん摂取しても体の負担になるだけです。

そして、冷たい飲み物は体、内臓、腸を冷やします。冷えは腸や内臓の機能を低下させます。

清涼飲料水の飲みすぎも体にダメージを与えます。

その結果腸内細菌にダメージを与えます。

あとは水の選び方です。

日本の水道水はとても安全で、普通に飲むことができますが、水道水に含まれる塩素は腸内細菌にダメージを与え、活性酸素を発生させます。

アトピーの人や、腸内環境を整えたい人は水道水は避けた方が無難です。どうしても飲むなら浄水器をつけましょう。

 

油の取り方

油も腸内環境、アトピー性皮膚炎に深く関わっています。

油の話もすごく長くなっちゃうんで、また別記事でまとめます。

とりあえず、加工食品やパンやお菓子には大量に良くない油が入っているので、これらを取りすぎている人は注意が必要です。

トランス脂肪酸の害はもうみんな知っているでしょう。

人工的に作られた体にとても悪い油で、アメリカなどでは使用を制限されています。

悪玉菌の発生を促し、アトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患、自己免疫疾患を引き起こす原因のひとつです。

もちろん腸内フローラにも悪影響です。

 

食品添加物の取りすぎ

科学的に作られた食品添加物は体からすると異物でしかありません。

体内に異物が入ってくると、体の免疫システムが働き、活性酸素が発生します。

増えすぎた活性酸素は腸内細菌や腸粘膜の活動を弱めてしまいます。

今の時代なんにでも添加物は入っているので、全てを避けて生活するのは難しいですが、コンビニやスーパーのお惣菜、お菓子屋パン、ファーストフードを避けるなど少しでもいいので変えていきましょう。

 

炭水化物の取りすぎ

これも腸内環境を悪化させている大きな原因です。

食べ過ぎとかぶるんですが、その中でも炭水化物を取りすぎな傾向にあります。ラーメンやうどん、パスタやパン、小麦に含まれるグルテンという物質に含まれるグリアジンというタンパク質は小腸の壁(腸壁)を破壊する性質を持ちます。

また、腸内に生息するカビの一種であるカンジタ菌はこのグルテンが大好物です。パンやパスタなどの小麦から作られる食べ物を取りすぎると、このカンジタ菌が異常発生し、腸内環境が悪くなります。

 

ストレスによる活性酸素の害

ストレスを感じると、ストレスホルモンが作られ活性酸素が大量に発生します。

しかも、腸内環境が悪い人は怒りっぽかったり、イライラしやすくなってしまいますし、活性酸素やストレスホルモンを打ち消す力が弱いのです。

 

まとめ

主に食生活です。

食べ過ぎ、炭水化物、小麦製品の取りすぎ、加工食品、食品添加物の取りすぎ、悪い油の取りすぎ、間違った水分補給、不規則な食事時間、良く噛まずに短時間で食事を終わらせてしまう、それとストレス。

他にもまだありますが、だいたいこんなもんでしょう。

食生活を変えれば腸内環境がよくなって、結果アトピーの症状も軽減するはずなんですよね。

重症アトピーの人って腸内環境も悪くなっているはずです。仮に完治までいかなくても絶対症状は軽くなるはずなんで、ぜひ期待して腸内環境の改善に取り組んでみて下さい!

全部を書いていると長くなりすぎてしまうので、具体的な解決策や詳しくは個別に記事を分けて書きたいと思います。

スポンサーリンク

 - 腸内環境