九州大学がアトピーの痒みの原因タンパク質を特定!ついにアトピーの特効薬ができるか?

   

地球と太陽

タイトルの通り九州大学がアトピーの痒みの原因とされるタンパク質を特定することができたようで、ニュースになっています。

九州大学は今までもアトピー性皮膚炎について研究し、いろいろな発見をしてきました。

今回ついにアトピーの痒みの原因物質を発見することに成功したので、今後アトピーの研究も大きく進み、近い将来アトピーは病院で治るようになるかもしれません!

といってもこういうニュースは過去にもあったし、新薬が作られて製品化して僕たちに降りてくるまでにはまだまだかかりそうですけどね。

なんにせよアトピーの研究が進むのは大いに嬉しいですね!

スポンサーリンク

 

IL-31というタンパク質が痒みを引き起こし、IL-31の量はEPAS1に伴って増える

日経オンラインの記事がわかりやすかったので転載します。

 アトピー性皮膚炎のかゆみを引き起こす源となるたんぱく質を、九州大・生体防御医学研究所のチームがマウス実験で突き止め、9日付の英科学誌電子版に発表した。チームは「将来、かゆみを根本から断つ治療薬の実現も期待できる」としている。

 これまでの研究で、かゆみを直接引き起こすのは「IL―31」というたんぱく質で、アトピー性皮膚炎患者の血中では健常者と比べて10倍以上多いことが知られていた。血中の免疫細胞が刺激されると大量に生じるが、その詳しい仕組みは解明されていなかった。

 チームは今回、皮膚炎を発症したマウスと健常なマウスで、免疫細胞のたんぱく質を詳しく解析。皮膚炎を患うマウスでは、たんぱく質「EPAS1」の量が5~10倍だった。

 EPAS1を健常なマウスの免疫細胞に注入してみると、IL―31は増えた。逆に、皮膚炎のあるマウスを遺伝子操作してEPAS1を抑制すると、IL―31も減った。患者の免疫細胞を培養して行った実験でも、同様の結果だったという。

 こうした解析や実験により、EPAS1がIL―31の増減を左右し、かゆみを引き起こす源となっている、とチームは結論付けた。

 チームの福井宣規教授(免疫遺伝学)は「EPAS1をつくらせないような薬剤を開発し、新しい治療法の選択肢を示したい」としている。〔共同〕

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H4O_Z00C17A1CR8000/より引用

引用元:日本経済新聞

 

IL-31とかEPAS1と言われてもなんのことかわからんです。

インターロイキン31とは、痒みを引き起こす免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質(これをサイトカインという)です。

IL-31はTh2細胞が作り出す痒みを引き起こす物質ということがわかっていたが、どうやらEPAS1というタンパク質がインターロイキン31の生産を促すことが新たに分かった。

そしてEPAS1を抑制すると、IL-31も減少し痒みが減少することも分かった。

よくわからんけどなんかすごい。

アトピーの真犯人がわかったような感じがしてめっちゃ期待しちゃう。

マウスを使った実験だけど、皮膚の炎症が起こったマウスの免疫細胞内のIL-31の量は、通常よりも5~10倍だったらしい。

 

IL-31、EPAS1を抑制する薬ができればアトピーを治す薬ができるかも

IL-31、EPAS1を抑制する薬ができれば、将来ステロイドに代わってアトピーの治療薬ができる時代が来るかもしれません。

ただ、そんなすぐではないでしょうから、やっぱり日々の生活からあらためて、自分の体の健康レベルを引き上げていくことが今できるアトピー治療ですね。

今のところ病院はアトピーの根本的な治療にはならないので、アトピーの治療というのは「患者の自主管理」になってきます。

炎症性サイトカイン(痒みを引き起こす免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質)の異常発生も、分子栄養学の知識などをつけて対策して免疫力を高めれば何とかなると思っています。(ていうか僕がそう)

アトピーを治す鍵は分子栄養学!栄養素の働き、体の仕組みを化学で考える。

まぁでもアトピーの原因解明に大きく前進したと思うので、このまま九州大学の研究が進んでいけば、アトピーの将来は明るいぞ。

九州大学のサイトにも詳しいデータが載っているので、こちらも是非どうぞ。

アトピー性皮膚炎発症に関わる痒み物質の産生に重要なタンパク質を発見 -新しい痒み治療薬の開発に期待- | 研究成果 | 九州大学

 

 

 

 

 - アトピー性皮膚炎の基礎知識