納豆に含まれる土壌菌、枯草菌、ポリアミンとは?その健康効果

   

納豆

乳酸菌には免疫力を高める効果があるので善玉菌ばかりが重要視されているが、日和見菌って知ってますか?

実は腸内細菌叢を豊かにするにはこの日和見菌を増やすことが重要なのです。

日和見菌を増やす簡単で効果的な方法は納豆を食べること。アトピーならとりあえず納豆食べとけってぐらいアトピーに効く成分が含まれている。

納豆はアトピーにいい食べ物、というよりアトピー以外にもかなりの健康効果のある素晴らしい食べ物。

今回は日和見菌と納豆、納豆に含まれる菌についてです。

 

善玉菌は腸内フローラの10%にも満たないので、日和見菌を増やすことが重要

3万種類、1000兆個の細菌が人の腸にいると考えられている。そのほとんどが日和見菌 腸内細菌は4つに分類される。

フィルミクテス門、バクテロイデス門、アクチノバクテリア門、プロテオバクテリア門。

このうちフィルミクテス門、バクテロイデス門が日和見菌。プロテオバクテリア門が悪玉菌、アクチノバクテリア門が善玉菌に分けられます。

アクチノバクテリア門の細菌である善玉菌は実は腸内フローラの10%にも満たない。善玉菌を増やそうと思っても腸内フローラに占める割合って思いのほか少ないのね。腸内細菌の中で1番勢力が大きいのが日和見菌。

日和見菌は腸内が善玉菌優勢だと善玉菌に加勢し、反対に悪玉菌が優勢だと悪玉菌に加勢する。周りに流されやすいやつだ。 今までは腸内環境は善玉菌と悪玉菌の争いと思われていたが、実際はこのどっちつかずな日和見菌を味方につけることが腸内環境の決め手でした。

 

乳酸菌だけでは腸内環境は良くならない?

乳酸菌を摂って腸内の善玉菌を活性化させることは腸内フローラを整えることはもちろん大切。でもそれだけでは不十分で、腸内フローラを豊かにするには日和見菌を増やすことが大事になってくるんですね。

 

日和見菌の多くは土壌菌

土壌菌とは土の中に住んでいる細菌のことです。土壌菌は土の中以外にも空気中や室内にも生息しています。 発酵食品は土壌菌が作っています。大豆の発酵食品の代表の納豆ももちろん土壌菌によるもの。納豆に含まれる納豆菌は枯草菌というグループに属する土壌菌の仲間です。

枯草菌って聞き馴染みないと思うけど、普通にヨーグルトとかサプリにも入っています。バチルス菌とか書いているあれは枯草菌の事。

食品には味噌や醤油、納豆などに含まれています。土壌菌を増やしたいなら納豆を毎日食べるのが一番手軽。

 

納豆菌の力

納豆は健康にいいっていうはなんとなくわかると思うけど、納豆菌そのものがなぜ体にいいのかという明確な答えは、納豆菌には日和見菌を増やして腸内フローラの活動力を高める働きがあるからです。

 

納豆菌は熱に強い

納豆菌は100℃に加熱されても死なない。すげー強い。さらに芽抱という硬い殻に包まれているため胃酸で死ぬこともなく腸まで届く。プロバイオティクス効果を持つすごい細菌なのだ。

 

日和見菌だけでなく善玉菌も増える。

生きて腸まで届くので乳酸菌やビフィズス菌のエサにもなり、善玉菌の活動力を高めます。

納豆菌は乳酸菌と一緒に摂ると腸内で乳酸菌を増やす効果が高まるので、キムチや漬物などの乳酸菌を含む発酵食品などと一緒に食べるとより効果的です。

乳酸菌サプリなどに納豆菌が入っているのもこのため。

まさに日和見菌を増やしながら善玉菌優勢の腸内細菌叢になっていく理想的な食べ物。

 

ポリアミンという細胞を作りかえるための物質を含む

これ納豆のあんまり知られていない効果なんだけど、アトピーに納豆が効果があるのは土壌菌とこのポリアミンがポイント。

ポリアミンはアミノ酸から作られる物質で、不足すると新陳代謝がうまくできなくなり、古い細胞と新しい細胞がうまく作り変えられなくなります。

アトピー肌は肌のターンオーバーが乱れているので、ポリアミンが不足するとさらに肌の再生が遅れてしまうので皮膚の炎症もなかなか治らない。

納豆にはこのポリアミンが多く含まれているので、肌の再生、新陳代謝を促進するので、アトピーにも効果があるということです。

ポリアミンにはダイエット効果や基礎代謝を高める効果などの健康効果があるので、積極的に食べたい食品です。

 

ポリアミンには炎症を抑える働きがある

新陳代謝を正常に行うだけではなく、ポリアミン自体に炎症を抑える効果もあります。血管壁の炎症などにも有効なので、血行促進や血行不良改善にも効果がある。ポリアミンめっちゃ優秀ですやん。

ポリアミンは体内で生成できるけど、20歳ごろをピークにポリアミンを合成する酵素の働きが衰えて体内のポリアミンの量は減っていきます。

これが加齢に伴う新陳代謝の低下の原因のひとつ。だから若々しく健康でいるためにはポリアミンを含む食べ物を積極的に摂ることが重要になってくる。

特に成人アトピーでは肌のバリア機能改善のためにポリアミンはかなり重要なので、大人のアトピー対策としてポリアミンを含む納豆を食べることは効果的です。

 

ナットウキナーゼという酵素が血液をサラサラにしてくれる

納豆の粘りの成分はこのナトウキナーゼという酵素によるもの。

ナットウキナーゼには血栓を除去し血液をサラサラにする効果があるので、皮膚に栄養や酸素が行きわたり、老廃物の排出もスムーズになります。

中性脂肪を減らす効果もあり、コレステロールを下げ、動脈硬化の予防にもなります。

便秘や生活習慣病の予防にもなる。納豆まじで万能食だな。

 

結論 納豆は最高の健康食

とりあえずアトピーの人は納豆食べよう。納豆食べるだけで腸内環境改善できる見込みがあるし、肌の再生にも効果がある。しかも安いし調理なんかいらないしスーパーで買える。時間効率もいいしコスパもいい。どこでも買えるし続けられる。そしておいしい。(これは人によるけど)

もし悪化したら食べるのやめればいいだけだし。(遅延型アレルギーとかじゃなきゃ悪化することはほぼないけど)

納豆の力は侮れないからできるだけ食事に取り入れよう。

 - アトピーと食事, 腸内環境