プロトピック軟膏とステロイド剤の効果や副作用の違い、注意点

   

考える女性

僕はアトピーでの皮膚の炎症がだいぶ落ち着いてきてからはプロトピック軟膏を使っていました。

プロトピックは安全、いや、ステロイドより危険の意見が真っ二つに分かれていて、1999年に登場した時から今も結論は出ていません。

僕はプロトピック肯定派です。実際にプロトピックを使って、メリットを感じたから。ただプロトピックは使い方に注意しないと尋常じゃない痒みや痛みや熱が襲ってくるので、注意しなければダメです。

実際プロトピックってどうなの?ってところを実際に使ってみて感じたことをアトピーだった僕の目線から書いていくので参考にしてください。

プロトピックとは?

ステロイド剤は免疫抑制剤という薬で、体の免疫器官に働きかけるから痒みや傷にめっちゃ効く。

肌はすごい勢いで回復して症状はかなり楽になるんだけど、デメリットもあって

皮膚が薄くなる皮膚萎縮と呼ばれる状態になること

ステロイド剤に依存して本来の体の機能がうまく働かなくなるステロイド依存

ステロイドの使用を止めた後の急激なリバウンド

そこでステロイド剤に変わって1999年に登場したのがプロトピック軟膏。タクロリムス軟膏とも呼ばれる。カルシニューリン阻害薬って名称も付いていたりする。タクロリムス軟膏はプロトピックの後発品(ジェネリック)ね。

プロトピック軟膏の主成分はタクロリムスというもので、T細胞が生産する炎症系サイトカインの生成を抑制する免疫抑制作用があります。

この免疫抑制作用により、アトピーのつらい皮膚の痒みや炎症を抑えることができているんです。

ステロイド外用剤もプロトピックも免疫抑制剤なのですが作用機序の違いから、ステロイドよりも体に対する危険性が低いとされています。

作用機序というのは薬理学用語で、薬がどのように体に働くかというメカニズムの事。作用機序の違いというのは薬の成分がどのような代謝経路で効果を表すのかの違いということなんだけど、ここは別に知っておかなくてもOK。

 

ステロイドとプロトピックの違い

ここからが重要ね。プロトピックを処方してくる医者は大した説明もなしに「ステロイドより安全だからプロトピックを塗りましょう」ぐらいしか言わないから、自分で理解しておくことが大事。

今まで受けた皮膚科でちゃんとした説明してくれたところってほぼなかった。「ステロイドより安全。初めはヒリヒリするけど慣れれば大丈夫。」ほんとこればっかりだった。まぁ皮膚科の先生はアトピーじゃないからね。でももうちょっと説明はするべきだよなーと思う。(もちろんちゃんとした先生もいるよ!でもなかなか巡り合えない)

 

ステロイドよりも副作用が少ない

ステロイドの長期使用で起こる副作用は皮膚が薄くなる、毛細血管が拡張する、皮膚が赤くなる、多毛になるなどの皮膚萎縮が上げられます。

皮膚が薄くなることで肌のバリア機能が低下し、刺激やアレルゲンに弱くなります。薄くなった皮膚はちょっとしたことで傷になったり血が出たりします。

そこからアレルゲンが侵入しアトピーが悪化したり炎症が広がったりします。

ステロイドの長期使用で肌がステロイドなしでは正常の状態を保てなくなり、ステロイド依存と呼ばれる状態になることもあります。

プロトピックはそういった副作用がステロイドに比べて少ないです。医者がプロトピックをステロイドより安全だというのはこういったところを指して言っています。

 

正常な皮膚からは吸収されない

プロトピックはステロイドよりも分子量が大きいので正常な皮膚からは吸収されずに炎症のある部分からしか吸収されません。

だから正常な皮膚にまで無駄に成分が吸収されることがないのでステロイドよりも副作用の心配が少なくなる。

 

顔の赤みにものすごい効果がある

プロッピックは皮膚が薄くならないことと、血管が拡張しないことなどの作用機序の違いから顔の赤みが劇的に良くなります。

さすがに2~3日で元通り!とはならないけど、ステロイドからプロトピックに変えて1ヵ月ぐらい使っていれば顔の赤みはかなり改善されます。

プロトピックの一番いいところはこのアトピーによる顔の赤みに効くところだと言っていい。

 

子ども用と大人用で分けられている

ステロイドは最強ランクのI群~最も弱いV群の5段階で薬の強さが分けられています。これはこれでいいんですが、ステロイド剤についてよくわかっていない人が使った時に必要以上に強いものを使い続けたり、症状に対して弱すぎるステロイド剤を使ってたりすることもある。

特に子どもの時から必要もないのに最強ランクのステロイドを使い続けるはめになったりするケースもあるので、注意が必要。

プロトピックは成人用と小児用で明確に種類が分けられているので、こういった心配がない。

もちろん症状にもよるしそこは信頼できる皮膚科の先生と相談し、自分でも学ぶ必要があるので注意は必要。

 

プロトピックの注意点

ここまで読んだ人は「え、プロトピック神じゃん。ステロイドやめてプロトピックにするわ」って思うかもしれないけど、残念ながらプロトピックはそこまで万能ではありません。注意点があります。

 

炎症がひどい部分に使うと焼ける様な火照りと痛みと痒みが起こる

傷ができていたりじゅくじゅくになっている部分に使うとまじでやばいぐらい激痛と灼熱感で地獄を見ます。

炎症がひどさに比例してこの痛みや痒み、熱は大きくなります。僕は顔の炎症がひどい時に使って痛みと熱と痒みで寝れなくて顔がパンパンに腫れました。

ひどい炎症の部分には使わないで、まずはステロイドで炎症を落ち着かせてからプロトピックを試しましょう。

よく「初めのうちは刺激を感じますが2.3日で炎症とともに治まってくるので、根気強く使いましょう」とか書いているところを見るけどそんなの無理。絶対に耐えれない苦痛です。なので初めのうちはおとなしくステロイドである程度の炎症を抑えてからプロトピックの使用を始めてください。

今顔が痒くて耐えれない人とかは絶対に使わない方がいい。

 

1回の使用量を守る、1回塗ったら12時間空ける

プロトピックには発がん性物質が含まれていて、一度に多量に使用すると発がんリスクが増える。まぁ1日の使用量を守ればそこまで気にすることもないと思う。コーヒーにもお茶にも含まれているし。

ただ滅茶苦茶な量を使うのはもちろんアウト。

発がん性で言えばプロトピックを塗って紫外線を浴びることに注意した方がいい。

プロトピックを塗って紫外線を浴びると皮膚がんのリスクが高くなるからこっちの方が注意した方がいい。

 

まとめ

プロトピックはやたらと危険だって煽られているけど、正しい使い方をすればかなり生活の質は良くなると思う。

ステロイドほど万能ではないし100%安全とも言い切れないけど、恐れずに使っていいと思う。

でもまずは炎症のひどい部分はステロイドをがっつり使ってまずは炎症をしっかり抑えること。

僕もアトピーの赤ら顔でかなり悩んでいたけど、プロトピック使ってからかなり改善されて、外に出る時の嫌な気持ちもマシになって対人関係とかすごい良くなった。

まぁでもステロイドにしてもプロトピックにしてもアトピーを根治させるものではないので、過信しすぎないように!

 

 - アトピー体験談, プロトピック