シャンプーのしすぎ、すすぎ残しがアトピーの原因?湯シャンの効果やあれこれ

      2016/11/27

シャワー

アトピーで頭皮が痒い人、フケなどの悩みの人で市販のシャンプーを使っている人はシャンプーを変えるだけで改善が期待できます。

それでも改善されないひと、すでにアミノ酸系シャンプーを使っている人はシャンプー後のすすぎが十分かどうかも疑ってみてください。

おでこ、こめかみ、生え際、うなじ、首、耳まわりがアトピーひどい人はシャンプーのすすぎ残しで悪化していることがよくあります。
特に耳まわりや生え際、うなじはすすぎが不十分になりがちな部位なので、すすぎにあまり時間をかけていない人はすすぎを徹底してみてください。
洗いすぎが頭皮の乾燥、皮脂の過剰分泌の原因にもなっているので、湯シャンについても書いていきます。

 

シャンプーは洗う時よりもすすぎの方が大事

シャンプーの目的は汚れを落とすことですが、しっかり洗ってもシャンプーが残ってたら頭皮が荒れてきます。
耳まわりやうなじはすすぎ残しが起こりやすい部位ですからね。
背中のアトピーもすすぎ不足が原因になっていることもあるぐらいなので、アトピーの人はすすぎが大事。
よく3分は流しましょうって言うけど、僕は5分ぐらいすすぎに時間を使ってます。洗っている時間よりもこっちが大事だと思っています。

 

いきなりシャンプーするのではなく、まずはお湯でしっかり洗う。

そもそもお湯だけで大方の汚れは落とせるので、まずお湯でしっかり洗ってシャンプーは極力少ない量にする。シャンプーの量が少なければそれだけすすぎ残しも少なくなりますし、お湯でしっかり洗えていれば泡立ちもよくなるのでまずはお湯でしっかり洗う。

 

お湯の温度は熱すぎない温度で

これ超大事。熱いお湯の方が汚れが落ちそうだけど、熱すぎるお湯は皮膚に滅茶苦茶ダメージ与えます。皮膚の天然保湿成分をごっそり落としてしまうので乾燥肌まっしぐらでアトピー超悪化します。
熱いお湯でごしごし肌をこするのは肌にとっては最悪です。濡れた皮膚は角質がはがれやすくなっているので、ごしごし擦っちゃうと簡単に角質がはがれて乾燥に弱い肌になります。
頭皮も同じ。なので熱すぎない温度で優しく揉み洗いしましょう。

 

できればシャンプーを2~3日に一回に減らす

ほとんどの人は毎日シャンプーしているけど、アトピーの肌は乾燥しているので、清潔にするために毎日シャンプーするのが逆にアトピーを悪化させていることがあります。
毎日シャンプーしないと毛穴が詰まってアトピーが悪化するというのは思い込みなので大丈夫です。
洗いすぎによって天然保湿成分が流失してしまい、肌が潤いを保てなくなり、乾燥や痒み、頭皮においてはフケが発生したりします。

 

でも頭ベタベタしているよ?

それは洗いすぎによって天然保湿因子やセラミドが少なくなっているから、体は皮膚の乾燥を防ぐために皮脂を多く出しているためです。
洗いすぎによる肌のバリア機能の低下、ターンオーバーが乱れから皮脂の過剰分泌状態になっているのです。
皮脂の過剰分泌により雑菌が繁殖し痒みや炎症もますます進行する負の連鎖です。
清潔にしようと一生懸命洗っても逆に皮脂が出やすい状態に陥ってしまいます。
その流れを止めるために、毎日のシャンプーから3日に1回もしくは2日に1回などにして、頭皮のターンオーバーを正常に戻していこう!ってことです。

湯シャンが効果があるのはこういった理由からです。
ただ、いきなりシャンプーするな!って話ではないので、1回のシャンプーの量を減らすところから始めて、慣れたらシャンプーは1日置きにするとかでいいと思います。
完全に湯シャンに切り替えるのもなかなか辛いと思うので。でも頭皮が血だらけ、滲出液だらけの人は湯シャンに切り替えた方がいいです。その状態でのシャンプーは危険です。

 

1ヵ月ぐらいで皮脂の過剰分泌は治まる。

肌のターンオーバーは28日周期なので大体1ヶ月ぐらいシャンプーを減らしたり湯シャンを取り入れたりしていれば頭皮の皮膚も正常になってきます。
すると皮脂の過剰分泌も治まって、乾燥や痒みも減ってくるはずです。
ただアトピー肌は皮膚のターンオーバーのサイクルも乱れていて、もっと時間がかかったり、年齢にもよるので1ヵ月半や2ヵ月は根気よく様子を見てください。

注意するのはせっかくシャンプーを2~3日にしても、市販の洗浄力が強いシャンプーだと結局洗いすぎて皮脂を取りすぎてしまうので、せっかくの努力を無駄にしないためにも必ずアミノ酸系などの質の良いシャンプーを使ってください。

 

まとめ

いきなりシャンプーせずにお湯で優しくしっかり洗う。熱いお湯は厳禁!一気にアトピーが悪化します!
すすぎはシャンプーよりも丁寧に。耳の後ろやうなじ、生え際などは重点的に。これだけで全然違う。シャンプーの量を減らす、2~3日に1回に頻度を落とす。天然保湿因子の流出を防ぐ。
市販の安いシャンプーをやめてアミノ酸系などの質のいいシャンプーに切り替える。
無理して完全に湯シャンに切り替える必要はないが、湯シャンが一番頭皮の状態を正常に戻すには効果的。
ただし重症アトピーの人は湯シャンに切り替える。シャンプーとか使える状態ではないのでまずはシャンプーをやめる。乾燥や皮脂の過剰分泌で炎症がどんどんひどくなる。
1~2は根気よく続けよう。2.3日で効果が出るようなものでもないですが、効果は見込めるので特に何も対策していない人は試してみてほしいです。



 - アトピーとシャンプー, アトピー体験談