運動するようになってからアトピーがめっちゃ良くなった

      2017/01/10

ジムでランニングをする男性

アトピーを治すには運動が大事です!ってどこのサイト見ても書いてあるし、実際に運動で良くなった人も多い。
それとは逆に運動しても治らなかった人もいる。

僕の場合は運動するようになってから確実にアトピーはよくなった。
他にもいろいろやってたから運動だけがアトピーに効いたのか本当のところはわからないけど、アトピー云々もそうだけど精神的にも肉体的にも体調がかなり良くなった。これだけは間違いない。
だから結果アトピーも良くなったと思っている。

運動しても損することなんかひとつもないし普段なんにも体動かしていない人はとりあえず運動をする習慣を付けるといいと思う。絶対いいことありますから!

スポンサーリンク

運動するようになってから変わったこと

運動するようになって感じたメリットの中から大きなものをいくつかあげます。僕は男なんで男目線なのは許してください笑

筋肉がついた

元々太っているわけでも痩せているわけでもない普通の体形だったんですけど、筋トレとランニングをするようになってからかなり見た目が変わりました。
ボディービルダーや格闘家のような体になったわけではないですが、体が引き締まって腹筋も少し割れました。
自分の体がかっこよくなるのはかなりうれしいです。

自信がつく

体が変わると心まで変わるんですね。なんだか前より自分に自信が持てる。それと運動を続けているということ自体も自身になります。がんばっている自分えらい!って自分の事ほめちゃうんですよね。これってとても良いことなんですよね。アトピーで苦しい時って、「なんでこんなに辛いんだ、自分だけなんでこんな体なんだ。」って自分の事責めてしまいますよね。これってかなり精神衛生上悪いことで、自分を責めすぎるのはとても危ない行為です。
運動するようになってからは、自分を責めるようなこと、自己否定することが減っていってさらにアトピーが良くなってきたこともあって精神的にとても落ち着きましたね。

ストレス解消になる

運動した後はとても清々しいです。達成感と爽快感に包まれます。運動はストレス対策に有効なのは間違いないし科学的な根拠もあります。
自信がつくことによってストレスも減るし、なにより気晴らしになる。気分もよくなって明日からもがんばろう!というパワーが湧いてきます。

痒みが減った。肌が強くきれいになった

日中仕事に行ってる間は痒みはましだけど、帰宅して夜になると痒みが抑えられないことってないですか?
僕はそんなタイプだったんですけど、家に帰ってから筋トレやストレッチ、ランニングをするようになってしばらくして「あれ?そういえば帰ってからの痒みがましだな」と気づきました。痒みが減るから肌もきれいになる。夜も痒くて眠れない状態から解放されるのでよく眠れる。結果どんどんはだがきれいになる。
さらに乾燥してカサカサだった肌も改善されてはだが強くなったように感じました。自分でもびっくりでした。

睡眠の質が上がってよく眠れる

痒くて眠れない日もあったけど、布団に入ってからの寝つきが良くなりました。途中で起きることも減り、朝までぐっすり眠れるようになりましたね。寝起きのだるさも減って以前より布団から出ることが楽になりました。

疲れにくくなった

単純に体力がつきました。15分も走ったらへとへとだったんですが、今は1時間は走れますね。
血流もよくなり、汗をかくことでデトックス効果もあって体が健康になっていく。
そして継続的に運動をすることで疲れにくい体になります。

ご飯がおいしい

運動した後のご飯はやっぱりおいしいです。気持ちの問題もあるかもしれませんが笑
あとご飯を食べる罪悪感とかもなくなりましたね。
以前は「こんなに食べたら太りそうだな」とか「糖質や脂質は減らさないとアトピー治らない」とかいろいろ悩みながらご飯を食べてましたが、今はそんなことあまり考えませんね。
気を付けてますけど、ネガティブに考えることはなくなりました。食べ過ぎたら運動すればいいや、ぐらいの感覚ですね。

自己管理能力が鍛えられる

もともとだらしないタイプの人間だったのですが、運動を取り入れるようになってから自己管理能力がつきましたね。
時間に対する意識も以前より高まりました。
社長さんやビジネスマンが筋トレしたりランニングするのはこうしたセルフマネジメント能力が鍛えられるからなんだな!と妙に納得しましたね。
それからやる気が出る。
なんだかやる気が起きないときも、なんだかんだでやりはじめたらやる気が出てくる。
やる気ってやる前は出なくてもやり始めれば出てくるものなんですよ。

体臭が減った

これまで普段体を動かすことがなかったので、あまり汗をかかない生活でした。
汗をかかないと汗腺の機能が低下し、使われていない汗腺は休眠をいう状態になって閉じてしまいます。するともっと汗をかきにくい体質になっちゃいます。
汗をかかないと老廃物が溜まって、体臭の原因になります。

アトピーの人は汗腺の機能が低下している場合が多いです。
そのため、発汗による体温調節がうまくできなかったり汗腺が詰まって肌に炎症が起きたり、皮脂のコントロールがうまくいかずに乾燥肌になったりするんです。
運動によってかく汗はお風呂や厚さでかく汗と少し違います。
お風呂などでは主に汗腺からの汗が出ますが、運動によってかく汗は皮脂腺からの汗です。
普通にかく汗は主に体温調節のための水分やミネラルが出ているのですが、老廃物などを排出しているのは皮脂腺から出る汗なのです。
皮脂腺が詰まって肌に炎症が起こる事も運動で防げるんですよ。

妻と娘が喜ぶ

体が引き締まってかっこよくなったねと言われるようになりました笑
妻と娘からかっこいいと言われて嬉しくない男がいますか!笑
以前はアトピーで体がボロボロでかわいそうってよく言われていたので、泣くほど嬉しかったです。
いや~本当に幸せですね。

結論 めっちゃおすすめ

今回は運動による効果などは細かく説明せずに僕が感じたメリットだけをただ書きました。
運動は慣れるまでちょっと大変ですけど、なにもいきなり激しい運動なんかしなくていいので、自分のペースで続けられる簡単なものでいいのですよ。
時間がない忙しい人もストレッチなど短時間でできるものもあるので少しづつやってみてください。
アトピーでつらい思いしたり悩んでいるならとりあえずやってみても損はないので。
ただ重症で体を動かすだけで皮膚が切れたり、滲出液が止まらいような人は運動よりもまずは炎症を抑えることが先。

運動は大してお金のかかるものでもないしこれといったデメリットもないので費用対効果は最高だと思います。
アトピーが良くなったことは本当にうれしいし、生活の質も上がりました。

ひとつデメリットを上げるとしたら、トレーニング用品へのこだわりが出始めて物欲が…ぐらいですね笑

 

運動でアトピーが悪化することも?

運動はアトピー改善に効果的ですが、なかには運動するようになってアトピーが悪化した人もいます。

結論を言うと運動でアトピーが悪くなることもあります。

そういう人は強度の高い運動を無理に行ったりしたことで、活性酸素の害が運動のメリットを上回っているのだと思います。

それか皮膚の細菌対策が不十分だったり、栄養や睡眠不足で体の修復が十分にできずに肌の修復も追いつかずアトピーが悪化しているのだと思います。

運動でアトピーが悪化する理由と、対策はこちらの記事に書いたので、気になる人はこちらも読んでみてください。

運動でアトピーが悪化することもあるよ!汗による細菌の繁殖を防ぎ抗酸化物質、ビタミンの摂取も意識しよう!

運動はアトピーはもちろん健康レベルを引き上げるので、知識をつけて正しい運動習慣と体のケアの方法を身につけてください!

 

 - アトピーと運動, アトピー体験談