大人アトピーを治すには脱ステロイド治療が必要?

      2016/12/05

処方箋とお薬手帳

脱ステロイド療法には本当に意見が分かれるところだと思います。

なんせ専門家でも意見が分かれますからね。僕ら素人じゃどっちが正しいかなんて言えたものじゃないですよ。

脱ステしないと一生アトピーは治らない。

原因を取り除けば無理に脱ステしなくても自然とステロイドから離脱できる。

どちらを信じればいいんですかね?

僕の中での結論は無理に脱ステロイドしなくてもアトピーは回復に向かうです。

スポンサーリンク




無茶な脱ステは危険

ちなみに僕は脱ステには何度も失敗してます。

脱ステ→リバウンド、アトピー悪化でもがき苦しむ→またステロイド中心の標準治療に戻る、という一連の流れを繰り返してきました。

それからいろいろ勉強して知識をつけて生活習慣を変えていくうちにステロイドの使用量が減っていき、自然と脱ステロイドできて今に至ります。

いきなり脱ステを決行した時は滅茶苦茶アトピー悪化したんですけど、生活習慣の改善に力を入れた後の脱ステでは我慢できないほど悪化したり凄まじいリバウンドは起こりませんでした。

このことから僕はステロイドをやめることよりも、自分の体の免疫力を高めることを先にやった方がいいと思っています。

生活習慣を見直して体質改善ができたから、ステロイドを止めた後もアトピーの症状がでなかったのかなと思っています。

それでも多少のリバウンドはありました。でも耐えられないほどではなかったですし、期間も短かったです。

でもこれは僕の場合なので、アトピーの人全員に当てはまらないと思います。

大人アトピー、難治化アトピー性皮膚炎の方のブログを見てると皆さん壮絶なリバウンドが起こっています。

僕がたいしたリバウンドもなく自然と脱ステできたのはやっぱり生活習慣の改善が大きかったんだと思っています。

だってそれまで脱ステしたくても途中で辛すぎてステロイドを塗らないと日常生活送れないほどでしたもん。

なので僕は無理に脱ステロイドしなくてもアトピーは治ると思っています。

アトピーって本来自然治癒するものですからね。

脱ステしなきゃ!っていう意識は捨てましょう。脱ステしても治らないことだってありますし無理してもろくなことがないです。

ていうか無茶な脱ステ危険です。それこそ入院が必要なほどです。その人の使用歴や今まで使っていたステロイド外用剤の強さによっても変わってきますが、いきなり脱ステした時のリバウンドは半端じゃないです。

 

脱ステロイドという治療法も選択肢のひとつ

なんかここまで脱ステを批判してるっぽく思われたかもしれませんが、脱ステロイドを否定するわけではないです。脱ステも立派な治療法ですし、佐藤健二先生や深谷元継先生は本当に尊敬しています。

そもそもステロイドなんか使わずに済むならそれに越したことないですよね。

ステロイドは炎症を抑えるためのものであって、アトピーを治すものではないです。なので使い続けてもアトピーが治ることはありません。(炎症は治まるのでその時は治った気になる)

そしてステロイドには副作用もあります。皮膚が薄くなったり、ステロイド依存になったり、使用を止めたときにリバウンドが起こったり。

ですがリバウンドも一時的なものですし、脱ステしないと治らない人もいます。ステロイド依存になって最強ランクのステロイドも効かなくなっている人もいますし。

これらを考えると脱ステロイドを行うのは別に間違った選択ではありません。

ただ脱ステロイド治療を行う際は慎重に。自己流の脱ステはかなり危険です。できれば脱ステ医の下で正しく指導してもらいながら行う方がいいと思います。

そもそもステロイドがアトピーの原因説

治療に使われているステロイドなのですが、このステロイド自体に問題があって、そもそもステロイドがアトピーの原因だと脱ステ医の方たちはおっしゃっているのです。

大人アトピー、成人型アトピーは本来のアトピー性皮膚炎にステロイド依存性皮膚症が合わさっているものだという主張です。

この本来のアトピー性皮膚炎+ステロイド依存性皮膚症を難治化アトピー性皮膚炎と定義しています。

さらに難治化アトピー性皮膚炎患者は保湿依存も併発している場合が多いそうです。

保湿依存とは皮膚を常に保湿、湿らせていないと生活しにくい、保湿に依存した状態のことをこのように呼んでいます。

この状態を抜け出すには保湿とステロイドをやめるしかないって話なんですが、かなり過酷です。

保湿まで制限されちゃうとよけい痒くなりますからね。この辺の話もややこしいのでまた詳しく書きます。

まとめ

ステロイドを使いながらでもアトピーは治せる。ただ、ステロイドが原因のひとつになっている場合もあるし、治りを遅くさせている場合もある。

急な脱ステはアトピーが一時的に悪化するが、治療法としては間違っていないし、人によっては脱ステでしか治らない人もいる。

大事なのは自分がどの治療法を選ぶかです。でもここで知識がないと選択ができないですよね。

もし適当な皮膚科医にあたって、皮膚科医の言われるままにステロイドの間違った使い方をしていれば治るどころかステロイド依存になったり、難治化アトピー性皮膚炎にされちゃったりしますからね。

なんとか治そうといろんなものに手を出したりしてすごい遠回りすることになっちゃいます。

脱ステ中はアトピービジネスにひっかかりやすいですよほんとに。もう藁にもすがる思いですからね。後、とにかくこのつらい状況から抜け出したい一心で冷静な判断ができなくなってます。

で、こういう時のために知識をつける事が大事なんです。

結局アトピーって治すのは自分だと思うんですよ。病院に行ったら治してもらえるってわけじゃないですからね。病院も生活習慣を指導するより薬出す方がお金になりますからね。適当な医者はたかが3分ほどの診察時間で薬出して終わりですからね。まぁそんな病院ならすぐ帰ればいいんですけどね。

アトピーを治すぞ!ってときにも知識があれば変に不安にならないし、変な医者やアトピービジネスの被害にあうこともなくなりますしね。

正しい知識って大事です。

 - 脱ステロイド