【100%悪化する】チョコレートの食べ過ぎはアトピー悪化するし肌にも腸内環境にも悪い

      2018/02/19

チョコレート大好きだろ?気づいたらアルフォート1袋とかチョコパイ一気に全部食べたりしてるだろ?

僕はめっちゃしてたよ。。

チョコレートはアトピーを悪化させる砂糖と油の塊なので最悪な食べ物の一つ。しかもカフェインも含まれているのでアトピー悪化の原因になる、というかもろにアトピー悪化する。

砂糖と油は体が欲するし中毒性もあるから、わかっちゃいるけどなかなかやめられないよね。

だけど日常生活や食生活の工夫、サプリなどを活用すれば糖分、油への欲求をコントロールする手助けになったり、害を抑えることができる。

チョコレートって思った以上にやばいものだから、そのことを良く頭に入れてうまく欲求と付き合っていけばアトピーが治る近道になる。

というかチョコレートに限らずお菓子食べまくってるとなかなかアトピー良くならないからね。頑張ろう。

スポンサーリンク

 

チョコレートの食べ過ぎは100%アトピーが悪化する

チョコレートを食べ過ぎた時は決まってアトピーのかゆみが悪化してた。

ていうか僕がアトピーがひどかった頃ってほぼ毎日何かしらチョコレート食べてた。しかも大量に。

なんでそんなにチョコレート求めてしまうのかというと、チョコに含まれる砂糖、カフェイン、油には麻薬のような中毒性があるから。

それプラスアトピーの低血糖症がより糖分を求めてしまうからだろうね。

とにかくチョコにはアトピーを悪化させる要因がたくさんありすぎるので、細かく知っておけば少しはチョコレートを抑える歯止めにはなるはず。

 

チョコレートは砂糖と悪い油の塊

まずチョコレートの一番の悪いところはアトピーの大敵の砂糖と悪い油の植物油脂、トランス脂肪酸の塊。

これをいかに減らすかで生活の質もアトピーの症状も変わってくるところだから、チョコレート食べまくっているとアトピーが治らないのは当然といえば当然。

アトピーはアレルギー疾患とか免疫異常によるものって認識がほとんどで、それも当然間違ってないんだけど、同時に糖代謝異常の病気でもある。

糖質を取りすぎると上がり過ぎた血糖値を下げようとインスリンが分泌されて血糖値が下がる。

すると下がった血糖値をなんとかしようと今度は副腎皮質ホルモンの一つであるグルココルチコイドが分泌される。

こうすると副腎の仕事が増えるので副腎疲労がどんどん進んでいく。

副腎が疲れ切って本来の役割を果たせなくなると体にいろいろな異常が起こる。

自前で作られるステロイドホルモンが減少することで、体内の炎症を抑えられなくなり皮膚の炎症、アトピーの悪化という構造が出来上がる。

 

さらにステロイド剤を塗ってもチョコレートや糖質を取り過ぎていると、その効果が半減してしまう。

ステロイドは人工的に作られた糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモンのひとつ)で糖代謝刺激ホルモンのひとつ。

 抗炎症作用やアレルギー抑制作用もあるが、糖の代謝にも関わっているので、皮膚に塗ったステロイド剤が炎症を抑えることよりも糖の代謝に使われてしまうことがあるので、効きが悪くなる。  

そもそも火消しの役割のステロイド剤よりも痒み、炎症の燃料になる糖質が上回るとやっぱりステロイド剤で炎症をカバーしきれなくなるので、アトピーのかゆみが収まらないっていう事態になる。

 

さらにチョコを食ベると血糖値が跳ね上がるので、それを下げようと膵臓からインスリンが分泌される。

膵臓もこう頻繁にインスリンの分泌ばっかりやってると疲れ切って機能が弱まってしまう。

これがいきすぎるとアトピーだけならず糖尿病などもっと重大な病気のリスクもある。

 

血糖値が高い状態が続くと体内の糖化が進みます。

糖化とは、タンパク質や脂質が熱によって余分な糖と結びつくことによって生まれるAGEs(週末糖化産物)という老化を促進させる有害な物質を生み出す反応。

活性酸素も大量に生み出すしAGEsも作られるしマジでいいことない。

糖質については糖質制限でアトピーを改善する最強メソッド。ココナッツオイルでケトン体質になればアトピーは治る!でうんざりするほど書いてるから読むの大変だけど気になる人は読んでみて。

 

さらに植物油脂とトランス脂肪酸、こいつもアトピー悪化の代表的なもの。

植物油脂の主な成分のリノール酸は炎症を促進する。

世の中の食べ物のほとんどがこのリノール酸を含むので、普通の食生活しててもリノール酸過多になるので、チョコなんか食べまくってると体内の油のバランスが極端にリノール酸に傾く。

 

チョコはリノール酸だけでなく人工的に作られた最悪の油トランス脂肪酸もたっぷり入っている。

トランス脂肪酸の害はマジで凶悪なので、アトピーもめちゃくちゃ悪化する。

細胞膜を破壊するので肌のバリア機能も弱くなるし、炎症も引き起こすのでチョコレート食べるとアトピーが悪化するのはこういう理由もある。

油についてもトランス脂肪酸は排出できる!対策すればアトピーよくなるし生活の質が上がるからとにかくオメガ3サプリです。で詳しく書いてあるからこっち読む方が細かく書いてある。クソ長いから読むのきついけど。

 

砂糖と油以外にもチョコには小麦や牛乳にカフェイン、アレルギーを引き起こすものが含まれているから、とにかくアトピーが悪化するものが含まれまくりパラダイス。

 

チョコには血管収縮作用があり血液もドロドロになる

チョコレートの原料のカカオ、まずこいつそのものにアレルギーを引き起こす可能性のあるチラミンという物質が含まれている。

そしてこのチラミンには血管収縮作用があることがわかっている。

血管が収縮するということは血管が細くなるからそのぶん血管が傷つきやすくなって血管の炎症につながる。

さらに血糖値が高くなるってことも血液の粘度が上がって血液がドロドロになる。

血液ドロドロでも血管が炎症起こりやすくなるし、血流が悪くなる&血管が傷つきやすくなるコンボ。

 

血流を良くしないと栄養素を身体中に行き渡らせ老廃物の排出をスムーズにすることができないので、ここが悪いとアトピーの治りが遅くなるし炎症も進む。

デトックス、排毒ていうのは血流ありきなので血行の改善はアトピー治療でマスト、それを阻害するチョコはやっぱり控えたい。

 

チョコはアトピーのかゆみを引き起こすヒスタミンを発生させる

チョコレートの害は砂糖や油以外にもチョコそのものにかゆみを引き起こすヒスタミンを多量に含んでいること。

だからチョコを食べるとかゆみが起こるのは必然。

ヒスタミンはチョコ以外にもいろんな食べ物に含まれているので、チョコだけをやり玉にあげてもまぁしょうがないけど、事実なのでね。

別にチョコレートはお米みたいに毎日の食事から避けられないものって訳でもないから、痒くなるものが入っているってわかっているのにわざわざ食べたくないじゃん。

アトピーに良くないカフェインも含まれているしね。

 

チョコレートは腸内環境を悪化させる

チョコレートは腸内環境も当然悪化させます。

 チョコレートは善玉菌を破壊するし、チョコに含まれるトランス脂肪酸も善玉菌を減少させて悪玉菌優勢にする働きがある。  

カフェインも糖分の取りすぎももちろん腸内環境が悪くなる原因の一つ。

チョコレート以外のお菓子でも同じことがいえるけど、チョコレートの油脂と砂糖の量はお菓子の中でもかなり多い方なので注意したいところ。

 

砂糖と油の代謝に大量のビタミンBや亜鉛などの栄養素が消費される

砂糖やリノール酸、トランス脂肪酸は単体で害があるだけじゃなくて、代謝される際に体内のビタミンやミネラルをかっさらっていく。

 ただでさえ不足しがちなビタミン・ミネラルがチョコを食べ過ぎているともっと減っていく。  

アトピーだと皮膚以外にも血管など身体中に炎症が起こっていて、それを修復するためにタンパク質や代謝のためのビタミン、ミネラルが必要になる。

そんな貴重なビタミン、ミネラルをチョコレートの消化のためなんかに使われるのは勿体なさすぎる。

きっとアトピーで悩む人は何かしらサプリとか飲んで栄養には気を使っているはずなので、それを無駄にするのは実に勿体無い!

 

亜鉛もビタミンもアトピーにいいっていわれてるのになんで効果でないんだ?って人は糖質、油の取りすぎの可能性もある。

アトピー改善に効果が期待できる量ってのは個人によって全然違うのでどれだけ必要ってのは簡単に言えないけど、僕らが思っているよりも大量に必要だったりする。

だからチョコレートの食べ過ぎでサプリで補ったはずの栄養がほとんど使われて肌や臓器の修復に使う分残ってないっすよーってことも十分あり得るから侮れない。

 

アトピーでもチョコ食べるには量と頻度、他の栄養素を工夫

チョコレート死すべし!的な感じのこといっぱい書いたけど、チョコ一生食べないとか無理でしょ。

だってチョコ美味しいもんね。

どうしても食べたくなる時はあるし我慢のしすぎも体に良くない。

アトピーを治したいなら色々と節制は必要だけど、だからって何でもかんでも我慢のしすぎも精神的に辛い。

量や頻度、他の栄養に気をつければたまに食べるぐらいなら問題ないよ。

 

毎日食べない、1回の量を減らす

基本的は量と頻度を減らすことに尽きる。

量にもよるけどさすがに毎日はどう考えても食べ過ぎなので、週1回とか月1回とかある程度自分でルールを作る。

あとはチョコレートもファミリーサイズを買わないようにするとか。

僕はファミリーサイズの大容量のお菓子を買って、「ちょっとずつ食べよう!」って決めても止まらなくて一気に全部食べてしまったりしてた。

中毒性あるし血糖値の関係上食べれば食べるほど食べたくなって止まらないから、自分の意思とは裏腹な行動に出てしまうことよくあるからね。

だからチョコレートを買う時は上質なものをちょっとだけ買うとかで満足させる工夫とか必要になる。

 

カカオの健康効果に期待しないこと

チョコレートは害もあるけど、その分カカオに含まれるポリフェノールに健康効果があるから大丈夫!とか思っている人は考えを改めよう。

確かにカカオは健康効果は確かにあるけど、市販のチョコはカカオ以上に悪いものがたくさんあるから悪影響の方がはるかに多い。

そもそもカカオの健康効果を得ようと思ったら、市販のものじゃあ全然足りない。ほとんど砂糖と油だし。

カカオ100%のチョコレートとかなら話はちょっと変わるだろうけど、美味しくないしそれなら食べる意味ないでしょ?笑

チョコレートはあくまでお菓子、趣向品なので健康効果を求めるのは違うかな。

 

消費されるビタミンBや亜鉛などを補う

どうしても食べるなら一緒にビタミンやミネラルも摂取すること。

チョコレートによって消費されるビタミン・ミネラルを補えばチョコの害も相殺とまではいかないけど軽減できる。

チョコ食べるたびにサプリ飲むのもお金かかるし現実的じゃないので、オススメはルイボスティー。これならコスパもいいしね。

ルイボスティーにはビタミンBをはじめ亜鉛や各種ミネラルも含まれているし整腸作用もある。

さらに抗酸化力はお茶の中でもトップクラス。

【続けやすいのが一番】アトピー対策でお茶を選ぶならルイボスティーがオススメ。効果も十分で飲みやすい。

さすがにチョコレートどか食いしてルイボスティー1杯飲んだだけでチャラにはならないだろうけど、違いはあるよ。

休日のリラックスタイムにひとかけらのチョコレートとルイボスティーとかすごくいいと思うし、別にルイボスティーじゃなくても栄養補えればなんでもOK。

 

オメガ3脂肪酸の摂取で体内の油のバランスを整える

油に関していえばチョコレートの取りすぎによって体内の油のバランスがリノール酸(オメガ6)に思いっきり傾くので、ここのバランスを整えるためにオメガ3脂肪酸の摂取を心がける。

現代人はオメガ3とオメガ6のバランスが1対10とか1対40とかになってるそう。

だから悪い油をとったらその分いい油、オメガ3脂肪酸を多く摂る。

トランス脂肪酸は体内に蓄積されて排出できないとかよくいわれるけど、そんなことはない。

運動でもちゃんと燃焼されるけど、燃焼されるまでが時間がかかるので優先されないから蓄積されがちってだけ。

だから必死こいて運動していい油を摂ってればゆっくりだけどトランス脂肪酸は解毒できる。

詳しくはこの記事に書いた。トランス脂肪酸は排出できる!対策すればアトピーよくなるし生活の質が上がるからとにかくオメガ3サプリです。

オメガ3は副腎疲労対策、肝臓のケアにも必須。副腎、肝臓がよくなればアトピー完治の兆しが見えるからしっかり対策したいところ。

 

乳酸菌で腸内環境の悪化に備える

甘いものの食べ過ぎで気にすることはたくさんあるけど、腸内環境の悪化も見過ごせない。

副腎も膵臓も肝臓も腸もどれか崩れれば総崩れだから、まずは食べ物が入る腸をケアすることが全体のケアにつながる。

チョコレートの油や砂糖は腸壁を傷つけるから控えたいし、善玉菌を破壊して悪玉菌優勢の腸内環境に塗り替えてしまう。

だから乳酸菌やオリゴ糖を摂取して良い腸内フローラを形成することが重要になってくる。

乳酸菌にはたくさんの種類があって、自分に合う合わないがあるからなかなか効果を感じない人も多い。

 ひたすら乳酸菌だけを摂取するだけのものより、自分の腸にもともと住んでいる乳酸菌を増やす方が効率がいい。 

【善玉元気】に含まれる短鎖脂肪酸は自分の腸に住む善玉菌を増やしてくれる。これなら乳酸菌が合う合わないは関係ない。

もちろん選び抜かれた乳酸菌も配合されているし、乳酸菌発酵エキスが他のサプリとは違うところ。

値段は決して安くはないけど、値段に見合う価値のあるものだと確信しているので愛用している。

善玉元気公式サイトはこちら>

糖質制限や生活の工夫で甘いもの、油への欲求をコントロールする

色々と対策法を書いてきたけどやっぱり一番いいのは生活習慣をただしてチョコレートなど甘いものや炭水化物、油への依存を断ち切ること。

糖質には食べすぎるから余計に食べたくなるっていう側面があるから、2週間ぐらい砂糖断ち、糖質制限をすれば甘いものへの欲求はだいぶ収まる。

油についてもいい油を摂る習慣をつければそこまで欲することもなくなってくる。

食生活以外にも例えば呼吸の改善も食欲に繋がってくるし、睡眠不足だと食欲が増すし、生活の改善が食欲や甘いものへの依存から脱却する手助けになるからその辺も対策すればより良い。

 

気合だけで我慢することはなかなか難しいので、どうして自分がこんなにチョコや甘いものに執着してしまうのか、ってことを知るのは大事だよ。

自分の意思が弱いとかじゃなくて、アトピーはそういう状態に体があるだけだから必要以上に自分を責めちゃいけない。

それが余計にストレスになって食に走ることもあるから。

無理に一気にやめる必要はないしできることから始めればいい。

アトピーだからってチョコを全く食べちゃダメなわけじゃないから、地道に取り組んで行こうって話。

ただしドカ食いだけはやめとけよ!後悔半端ないから量には気をつけよう!

 - アトピーと油, アトピーと食事